モノクロ・セピアの世界

こんにちは!

ゆりえです(^^)



今日は先日

めぐみちゃんと

吉塚商店街に行った時に


撮った写真たちのご紹介


モノクロとか、セピアの写真って、

すごく難しいとおもんです。


色で表現ができないから

明るさだけで表現する。


でも面白いことと表裏一体で。

見てくれる人はその人の見え方で

いろんな色をつけておぼえてくれたりします。



それで久々に同じモノクロの写真を見ると、

あれ、色ついてなかったっけ。

っていう違和感を感じたりするらしいですね。


最近の世の中は

「便利すぎる」状態だと思います。


だからこそ

「ちょっと不便」にすることで

そこに味が出たり、特徴が出たりする良さが生まれますよね。


フィルムカメラも

モノクロの写真も


そのちょっと不便なところが逆に好まれてるんですね!



だから、

ちょっとだけ不便で不満足な状態に

視野を持っていくことって大事なんだなって思います。


それでより表現力が広がるし、

いろんなことを考えないといけなくなるので

労力はかかるけど

それが力になるんじゃないかなーって思います。


うん。



少し不便なところに身を置くことっていうのは

すごーく大事だなって思った今日この頃なのでした。



0コメント

  • 1000 / 1000